くんぺいのブログ

映画の話を中心に31歳サラリーマンが思うあれやこれや。結局、書くこと決まってないです。

Logicool M545BKとRINAKA マウスパッドの感触

マウスの方

キーボードに続き、Logicoolのマウスを購入。

自宅用はバッファローのワイヤレスを使っていますが、仕事用にも欲しいなと思い購入。

Amazonのクーポンも効いて、1,500円ちょっとでした。

値段の割には良いです。

少しの動きで大きく動くので、ちょっと感度が高いかなという印象(気のせいかな)。

そもそも、PC付属のマウスばかり使っているので、サイドボタンとかすげー便利だ、というレベルの低い評価ですが。。

 

マウスパッドの方

こちらも自宅用には、PCメーカー付属の平たいマウスパッドを使っています。

クッションが付いているようなものもどうかなと思い、『RINAKA マウスパッド 低反発リストレスト』を購入。

早速職場に持っていきましたが、「裏面はてっかてか加工なので滑らないし、というか手前の膨らみ(低反発クッション)じゃまだ!」という、何のためにマウスパッドを買ったかわからない感想を持ちました。

しかし、クッションが邪魔にならないように位置を固定すると、そして、無理やりクッションに手首を乗せていると、なんということでしょう!

凄く良いのです。ラクなのです。

ずっとクッションに手首を預けておきたくなるほど、気持ち良いのです。

こちらも1,000円弱くらいでしたので、コストパフォーマンスとしては充分でした。

 

最近のガジェット購入について

最近、仕事の負荷、というかストレスを、この手のガジェットで少しでも軽減したいと思うようになりました。

ほんとに微々たるものですが、それでも軽減されるならお金を出します。

そんな心境です。

iOSが重かった理由

よくよく考えてみたら…

少し前ですが、アップルが意図的に動作が重くなるiOSをリリースしていたことがわかりました。

私もOSが重くなった記事を書きましたが、そういう理由でしたか。。

kunpeito.hatenablog.com

しかし、よくよく考えてみたら、買ってから2年そこいらでそこまで重くなるのか!?

OSのメジャーバージョンアップであっても、2年程度で置いていかれるわけなんてないです。

逆に、そんな機器が7,8万円もするなんて、考えられないでしょう。

よくよく考えてみたらすぐにわかることなのですが、「どうせ2年で機種変更するし…」という思考停止により、見過ごしておりました。

 

これからどうなる

集団訴訟を起こされていて、言い訳としては「バッテリーの消耗を防ぐため」らしいのですが、苦しいかなと思います。

ちなみに、訴訟を起こした集団は「バッテリー交換であれば、買い替えることはなかった」と主張していて、100兆円を超える金額を要求しているようです。

これをきっかけに、わけのわからんアップデートは控えめにしてもらいたいですね。

本体をたくさん売るためには、仕方ないと思っているのでしょうけれども。

Logicoolのキーボード買いました

キーボード初購入

DELLの付属品のキーボードを使っていましたが、打感がイマイチだったのでずっと買おう買おうと思っていましたが、なかなか手が出ず。

理由としては、兄にもらったバッファローのワイヤレスと、PC買ったときの付属が2つもあったので、何となく買い渋ってました。

が、今回購入した「Logicool K270」は、それほど高くなかったのと、ブログを書くのであれば、初期装備ではなくまともなモノを使おうと思いました次第です。

 

さて、感触

これがめちゃくちゃ良いです。

ガチャガチャするやつも嫌いではないですが、こちらは「コスコスコス」てな具合で、激しい高音はなく、落ち着いた音です。

レストの部分は浅めなので手を置くことはできませんが、テーブルにべったり付けていれば、疲れはありません。

ブログのレベルは上がりませんが、書く意欲にはなるかなと思いました。

今はかちゃかちゃやっているだけで楽しいです。

ただのさん

全くオチなしの話ですが、最近ふと思い出したので書き留めておきます。

 

小学校低学年くらいのとき、子供会のソフトボールをやっていました。

ちゃんとしたチームに所属していたわけではないので、数週間に一回の練習だけで、それほど真面目にやっていませんでした。

そこで知り合った”ただのさん”という人の話です。

 

顔などは一切覚えていないですが、50代とか60代だったように思います。

剥げていて、はじめの一歩の猫田みたいなイメージです。

誰とどういうつながりがあった人かわかりませんが、子供会関連だったと記憶しています。

経緯は忘れましたが、私とマンツーで練習して頂ける機会がありました。

週何回だったか、平日、休日だったかも忘れましたが、早朝に小学校のグラウンドでやっていたと思います。

とても寒かったことは覚えています。なので、冬の間(数か月のスパン)だったと思います。

 

ただのさんは、一体何者で、何の仕事をしていたのか、全く不明です。

しかし、全くモチベーションが高くない私に、ソフトボールの稽古(?)をつけてくれました。

キャッチボールとか、ノックとかその程度と思います。

現代の価値観で考えると、誘拐されたり、イタズラされたりというリスクもありますから、よくわからん人とマンツーというシチュエーションはあり得ないと思います。

 

ちなみに、練習が終わると買ってきたピルクルをくれました。

むちゃくちゃ寒いのに冷たいピルクルです。

小学生くらいのときは問題なかったですが、今は冷たいものも乳製品もお腹がクラッシュするので、ほとんど飲まなくなりました。

ピルクル出されても、たぶん飲まないでしょう。

 

何の話でしょうか、これは。

親にはPCではなくiPadが良い

実家に帰りまして

大晦日と元旦は実家へ帰りました。

12月が母親の誕生日であったこともあり、iPadをプレゼントしました。

そのときの感触もろもろ、まとめました。

 

ボタンは少ないけれど…

iPadの良いところの一つとして、ボタンが少ないところかと思います。

電源、ボリューム、ホームボタンの3ヵ所のみですから。

それでも、「丸いところ押すの?」「電源は?」と何度か聞かれました。

ことPCにおいては、電源は一か所ですから、「iPadはボタンが少ないから簡単」というのは、うちの母親にはあまり関係なかったようです。。

 

目的別にアプリが存在している

もともとPCを持っていたので、電車の検索や、Gyao!等の動画関係、その他ネットサーフィンは毎日のようになっていたようです。

それが基本的にはブラウザ経由ではなく、アプリを開くことで簡単に、スピーディーに実行できることについては、反応◎でした。

私も調べたことはありませんでしたが、クラシックやジャズを無料で聞けるアプリもありました。

ちなみに、こちらは会員登録も必要なかったので、かなりハードル低く良かったです。

クラシック音楽 I:クラシック音楽のコレクション 1

クラシック音楽 I:クラシック音楽のコレクション 1

  • Daniele Cristofori
  • ミュージック
  • 無料

 

LINE

母親はガラケーですので、LINEは未経験でした。

名前を知っているという程度でしたが、実際に触ってみると、レスポンスの速さから非常に楽しんでおりました。

母親の友人もやっているようで、LINEをインストールした瞬間に、2,3通挨拶のメッセージが届きました。

同年代がやっていることで、自分でもできるのではと、ハードルが下がったこともモチベーション向上につながっているように思います。

この手のツール、というかIT機器が苦手な人については、とにかく苦手意識を振り払うことが大事だと思っています。

そういう意味では、母親もITアレルギー持ちなのですが、楽しい成功体験が、他のツールへのチャレンジのきっかけにもなるはずです。

 

Googleドライブ

少し前からGoogleドライブで、私の試合の動画や、兄の結婚式の写真などを共有しておりました。

それを、アプリタッチのみで見られるので、大変喜んでおりました。

母は兄のお古のデジカメを使っていて、SDカードをPCに入れて見ていたようですが、いずれはその役目もiPadだけにしてしまおうと思っています。

 

アップデートやらセキュリティソフトやら

PC超初心者にとっては、時折出てくるアップデート通知(特にセキュリティソフト)は毎度困惑するようです。

とりあえず「×」で消す、という対策を取っているようです。

iPadに関しては、セキュリティソフトを入れなくとも使えますし、アップデートもほぼ強制的に行われますから、決断を迫られることはありません(「あとで通知」とやっても、いつかは操作ミスでアップデート操作することになるでしょうし……)。

ウイルス感染等起こると、秘匿な情報を保有していなくとも被害を被る(もしくは加害者になる)リスクがありますので、その手の心配もないかと思います。

 

Siri

これは大興奮でした。

天気を調べたり、地図情報を検索したり程度ですが、酷く感動しておりました。

ちなみに、思いついたのでこんなことをしてみました。。

f:id:kunpeito:20180103121400j:plain

 

総評

母親には、PCではなくiPadの方が圧倒的に良いです。

iPad第5世代は4万円程度で購入できますし、フィルムを買ってもたかが知れています。

ちなみに、今回はキーボードもカバーも買っていません。

持って行ったときの反応を見て追加購入しようと思いましたが、母親曰く「不要」とのことでした。

文字をたくさん打つわけではないのでソフトキーボードで十分であり、持ち歩くこともないのでカバーも不要とのこと。

スタンドは使い古したモノをあげたので、それで問題ないようでした。

コスパや、管理費(親族のフォローする工数)を考えても、圧倒的にiPadがラクです。

少しずつPCの役割を奪っていますので、完全移行も実現するでしょう。

というわけで、PCに関して質問されたり、実家に帰ったときにアップデート作業をやってあげたりしている方は、iPadをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

2017年シネマランキング

完全に年明けておりますが…

今年、劇場で観た映画は44本でした。

毎年同じくらいなのですが、今年は最低でも50本は観ておきたいなと思いました。

試合やら何やらと、イベントが挟まるとどうしてもペースが落ちます。

今年はコンスタントに観られると良いですね。

 

というわけで、たった44本しか観ていないですが、ベスト10本上げます。

 

ベスト3

①メッセージ

この手の順番はとても悩ましいのですが、1位とするとドゥニ先生のこちらかなと。

終始鈍重な雰囲気が続くのですが、ああいった終着てのはすごく良いですよね。

ブレードランナーはランキングに入れていませんが、ドゥニ先生は見逃せない監督の一人になりました。

映画観たなぁという多幸感を与えてくれます。

 

②ドリーム

kunpeito.hatenablog.com

これは誰が観ても最高に楽しめる一本です。

人種差別、さらには性差別にも切り込んでいて、わかりやすく且つ、心に突き刺さります。

 

③SING シング

サントラを聞いて気持ちを高揚させた状態で観て、そこからさらに跳ね上がりました。

とにかく楽しく、最高な気分になります。

AmazonPrimeで出てきてから、吹き替え版、字幕版それぞれ一回ずつみました。

それくらい、いつ、誰が、何回観ても楽しめる一本です。

音楽映画の中でも、かなり高いクオリティではないでしょうか。

 

ベスト4~10

④ハクソーリッジ

主人公が相手を殺しまくる戦争映画ではないですが、緊張感と勇気を与えてくれます。

 

⑤ビニー 信じる男

こういう無茶苦茶な男に、熱くならない男はいないです。

ボクシング映画にハズレはないです。

 

⑥スウィート17モンスター

もっと若い頃に観ていたら、生涯ベストになっていたかもしれないくらい、青春時代を想起させてくれます。

主人公は女の子ですが、彼女にイラつき、それでもやっぱり見捨てられない。そして、彼女は自分だ、と感じた人も多いはず。

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー vol.2

またあいつらに会えた。それだけで最高です。

 

⑧ローガン

ただただ輝かしいヒーロー映画ではなく、本当の意味でのヒーローとは、正義とは、と考えさせられます。

最近のヒーロー映画で勧善懲悪のシンプルな作りは少ないのですが、本作もとにかく深いです。

 

ダンケルク

kunpeito.hatenablog.com

クリストファー・ノーランひいきなのでランキングに入れました。

監督の名前を聞くだけで、次回作が楽しみになります。

 

ベイビー・ドライバー

今までありそうでなかったカーアクションでしたので、ランク入り。

 

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 評価:C

2017年最後の映画

もう既に2018年になってしまいましたが、2017年最後の映画はスター・ウォーズ(以下、SW)でした。

オリエント急行殺人事件と二本立てで観ましたが、SWファンでも何でもない私にとっては、2時間半の尺を使うほど面白い内容ではなかったです。

反乱軍も帝国軍も頭が悪いし、全ての工程において、「あれ、これ何のためにやってんだっけ?」ていうくだりも多いです。

興行成績も良いみたいなので、SWファンは喜んでいるのかもしれませんが、2時間半あれば他にもっと観る映画あるよなーと思ってしまいました。